社長からのメッセージ


 当社グループは、持株会社である当社「日本インテグランドホールディングス株式会社」を経営の中心とし、子会社である「機動建設工業梶vおよび「日本建設梶vの2社を事業遂行の両輪として、業務運営を行っております。

 当社グループの母体でありました機動建設工業鰍ヘ、戦後60年以上に亘り、推進工事やPCタンク・PC橋梁の専門土木業者として発展を遂げてまいりました。しかしながら、昨今の建設業界を取り巻く環境に鑑みますと、従来型の公共事業にのみ依存したビジネスモデルでは生き残りは難しいと考えざるをえません。

 こうした認識の下、当社グループは、2005年より大胆な経営改革を実施してまいりました。

 経営陣の刷新、資本増強による財務内容の改善、不動産事業の立ち上げ、土木事業のアジア進出、M&Aによる民間建築分野への進出など、これまでの建設業では考えられないスピード感で、環境変化に対応してまいりました。こうした経営改革の進展により、連結売上高500億円・役職員数500名を超す企業グループに成長いたしました。

 さらに、2009年1月には、大株主であるフランス大手商業銀行クレディ・アグリコール銀行系の投資会社CLSAキャピタル・パートナーズグループより提案された友好的TOBに賛同し、同5月に戦略的非上場化を行うことにより、中長期的な成長に向けて新たな一歩を踏み出しております。

 「日本インテグランド」とは、日本の大地を基盤として専門技術をもった事業が統合・発展することを意味しています。今後は、これまで築いてきた土木工事業・建築工事業・不動産業において更に専門性を磨き、連携を深めつつ、新たな事業分野への先行投資も積極的に行ってまいりたいと考えております。

 建設業界は、今まさに厳しい生存競争の時代を迎えておりますが、先進経営の手綱を緩めることなく、グループ役職員一同、全力をあげてチャレンジしてまいりますので、いっそうのご支援をよろしくお願い申し上げます。

日本インテグランドホールディングス株式会社

代表取締役社長桐野 誠和

社長略歴
  • 昭和34年岡山県倉敷市生
  • 昭和57年慶應義塾大学経済学部卒
  • 日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)入行
  • 平成17年機動建設工業(株) 社長
  • 平成18年日本建設(株) 会長
  • 平成20年日本インテグランドホールディングス(株) 社長